倉庫を知らない人へ!倉庫の仕事はこんな仕事です!

倉庫でのルールとは?

倉庫内では怪我をしないように安全靴や作業着が支給されますよ。特に安全靴は絶対に着用しないといけません。何故なら倉庫内ではパレットにつまづいたりすることもあるし、重たい荷物を足に落としてしまうなんて事故も起こりがちです。大抵の倉庫では、何台かのフォークリフトが使用されているでしょうが、安全靴を履いていれば、巻き込みなどのリフト事故に遭った時、足を守ることができますよ。その他にも安全に働くために、長袖は腕まくりしないとか、急いでいても走らないというような決まり事があります。倉庫では事故を起こさないためのルールが定められているんですね。

倉庫内ではいろいろな環境がある!

倉庫は管理するものによってそれ相応の環境を整備する必要がありますよ。冷凍食品を扱うような倉庫なら夏でも寒くかじかんでしまうような温度に保たれているでしょうし、食品関係ではない商品なら腐る心配がいらないので、倉庫の温度管理が不要な場合もあるでしょう。雑貨品や単なる部品を扱う場合なら、エアコンがない倉庫でも取り扱うことができます。エアコンの設備がない倉庫で働く場合は、真夏や真冬などには過酷な環境になりますよ。過酷な環境下において作業する場合は、それに対応できる服装や自己の管理が必要となるでしょうね。

倉庫作業で使う道具!

倉庫のイメージとして良く持たれるのがダンボールではないでしょうか?実際に倉庫に入ると確かにダンボール梱包されている商品や部品が多いことに気付きます。ロット呼ばれる箱には複数の製品が入っています。それらを開封するためにはカッターやハサミを使うのもよく使います。出荷する際には綺麗なダンボールに入れますが、その際には封をするための紙テープなりビニールテープもまた必要となりますよ。入庫や出庫、出荷においては、いろいろな道具が必要とされますが、そうした道具一式も支給されるのが普通です。

農業や工業、商業などあらゆる場面で物流は欠かせません。滞りなく行う管理技術であるサプライチェーンマネジメントは、飛躍的に効率をあげることに貢献しています。